Skip to main content

日本人の発がんに関する考察

全身の細胞が加齢に伴い衰弱して生命が尽きるのが自然死いわゆる老衰死である。老衰死で亡くなる人は以外と少なく日本人の死因の7.6%に過ぎない。 日本人の半数は癌患者である。日本人の2人に1人は一生のうち一度は何かしらの癌にかかり、3人に1人は癌で亡くなってる。現在、日本人の死亡原因の1位は男女ともがん疾患による病死でおよそ30%を占める。 老衰であれ末期癌であっても多くの場合、食欲が薄れて食事量が減少し、睡眠時間が長くなり枯れるように亡くなるという。生物は最後に安楽死できるよう仕組みとして作られいるらしい。 細胞分裂に限界がある以上、命に限界があるのは自然の摂理といえる。病死せずとも人間は最も長生きしたとしても120歳程度が限界らしい。 しかし生活習慣の変化やストレスの増加が原因となり日本人は老衰死よりがんで死亡する可能性が非常に高いのである。 わたしたちの体は約60兆個もの細胞から成り立っているが入れ替わりに要する期間は細胞ごとに違うので一概には言えないが,数ヶ月も経つと体を構成する大部分の細胞が更新されている。 老若男女にかかわらずヒトは毎日1兆個の細胞が新しく入れ替わっているとしても、驚くべきことに細胞が再生していくなかでがん細胞が毎日5000個から6000個ほど発生しているという。 癌の死因で一番多いのは男性の場合で肺癌、続いて胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌と続きます。女性の場合では大腸癌が癌による死因で一番多い。 とくに膵臓癌は早期発見が難しく、それ故、たとえ手術ができたとしても再発や転移が起こりやすく治りにくい癌で生存率が非常に低いことで知られています。一方、前立腺癌は進行の遅い癌であるため全ての癌のなかで最も生存率が高いことで知られている。 癌の多くは、細胞における遺伝子異常の蓄積が原因で発症することが知られており、年齢を重ねるごとにがんの発生リスクは高くなる。 実際に、がん患者の7割がが65歳以上の高齢者であるとされる。また全体的にみればがんは男性のほうが患者数が多い。 高齢者では免疫力の低下や体力の低下などで手術で治療をしてもがんの再発や転移で亡くなる場合が多く、高齢者以外のがん患者では、進行性のがんに罹患してもすぐに死亡せず、抗がん剤や放射線治療による治療である程度延命できる確率が高くなっている。 また、がんの種類にもよるが癌の早期診断・治療が普及したことでがんの再発や転移がみられないケースが多くなり全体的に5生存率は上がっているという。 日本におけるがん死亡数の増加は、社会の高齢化による高齢者のがん死亡の増加が最も大きな要因となっている。 しかしながら日本人の半数近くは生涯において癌と診断されずに老後を過ごすことができる。しがたってがんの多くは、予防可能な生活習慣や環境要因を原因とする生活習慣病であるという考え方もある。

Read More