Skip to main content

単細胞生物の寿命

単細胞生物は何十億年も以前に誕生してから現在に至るでの過程で遺伝子の変異で死滅した種もあれば環境に対する耐性を獲得して新しい種として存在し続けていると考えられる。 現在に至るまでの過程で、たとえば大腸菌を例にとってみても微妙に異なる膨大な類似した同一種の細胞変異集団を形成してきたのだろう。単細胞生物は高等生物に比べて遺伝子の構造が比較的に単純なので外見上で多少の遺伝子構造に違いを持っている変異体を見分けることができない。 この数十億年の間に大腸菌の種として生存し続けた個体差がみられる変異体の数はどの程度に上るのかは分かりませんが、数十億年もの間に大腸菌として生き残り続けたとすれば、環境的要因や細胞分裂による遺伝子変異を受けにくい遺伝的な仕組みが基本的な要素とし存在していると考えられます。 もしこの仮説が正しくなければ現在生息している単細胞生物は比較的にごく最近に発生した単細胞生物なのかもしれません。 ゾウリムシは接合させずに無性生殖で実験的に分裂させると350回ほど細胞分裂して死滅するという。下記の映像は単細胞生物が寿命を迎える瞬間と取られた貴重な映像となります。 ゾウリムシは接合という有性生殖の過程を経て自分の遺伝子をリセットすることで無限に細胞増殖を繰り返すことができることが知られています。 しかしゾウリムシを無性生殖させると細胞分裂にいずれ限界がきて細胞の寿命で死に至る過程を経ることが明らかになっています。この現象はプログラムされた細胞死なのかもしれません。 www.instagram.com

Read More