Skip to main content

ヒトは血管とともに老いる

“人は血管とともに老いる”という名言を19世紀の内科医サー・ウィリアム・オスラーが残したことはよく知られている。 確かに、血管は臓器の恒常性の維持や組織の再生に不可欠であることから、人や動物の血管の動脈硬化の進行の状況が分かれば余命を知るところになると考えられる。 血管の内側には動脈硬化抑制作用をもつ血管内皮細胞という一層の細胞がある。この細胞は分裂再生はするものの多くが休止期状態にあるとされる。つまり血管内皮細胞は加齢によるDNAの複製エラーによる異常が起こりにくい組織だといえる。しかし、さまざまな環境的要因により加齢とともに血管内皮細胞機能が衰えると動脈硬化が進行し、血管は硬くなり内腔は狭くなる。 動脈硬化の現象でとくにアテローム性粥状(じゅくじょう)動脈硬化は、日本を含む先進国における疾患発生および死亡の主な原因となっている 血管内皮細胞機能が衰えると血液中の余分なLDLコレステロールが血管内皮細胞の隙間を抜けて血管の壁に入り込むことが知られている。 そして血管の内壁にLDLコレステロールが蓄積して、粥腫〔アテローム〕の隆起〔プラーク〕が形成される。 虚血性心疾患患者数の男女別年齢分布グラフ ※出典:厚生労働省 平成23年度患者調査「総患者数,性・年齢階級×傷病分類別」より作成 (公益財団法人日本医療機能評価機構ガイドラインより抜粋) 動脈硬化の危険因子のひとつにLDLコレステロールがある。厚生省の発表によると総コレステロール値は220mg/dl以上、LDL(悪玉)コレステロール値は140mg/dl以上、またHDLコレステロール値は40mg/dl以下になると、狭心症や心筋梗塞の合併が増えるとされている。  この数値から外れると脂質異常症と診断される。脂質異常症では、血液中にLDLコレステロールや中性脂肪が増えることで、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高くなるという。 日本では脂質異常賞と診断される患者数は中高年層を中心に、予備軍まで含めると2000万人以上にもなると推定される。  脂質異常症の診断で最近、LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値で示されるLH比が重視されている。 オムロンのホームページより抜粋 たとえば、LDLコレステロール値が174mg/dlで、HDLコレステロール値が58mg/dlとすると、LH比は3.0となる。 LH比でみると3.0というのは、動脈硬化が進んだかなり危険な状況だとされる。

Read More