Skip to main content

调查记录X文件号DI55 X-FILE 004750/米海軍が未確認飛行物体のを本物と確認した

米海軍は空中を高速飛行する未確認飛行物体と遭遇した映像を2017年12月~18年3月にかけて公開したが、すべて本物と確認した。ただ未確認飛行物体の正体は不明で米海軍も特定できていない。 これらの飛行物体の映像は2004年と15年、パイロットの訓練中などに撮影された計3本で、このうち2004年に撮影された映像は空母ニミッツから撮影されたもので、“光を放つとある物体”を確認しそれを追跡するものの、物体が高速で動くためセンサーがとらえきれず物体は急加速して画面の左側に消えていた。センサーは物体の速度に追いつけず、再発見することはできなかった。 残りの映像は、戦闘機の飛行訓練中に高速移動する長方形の物体を、高性能赤外線センサーがとらえている。 また“高速で空中を移動する謎の物体”をF/A18スーパーホーネットの米海軍のパイロットが撮影したものでは、赤外線センサーが捉えた映像で、映像の後半で物体の追跡に成功する。高度2万4000mに突然出現し、海に向かって突進しながら高度6000mで停止してホバリングしていた。 (引用元:映像はアメリカ海軍公式発表記事より一部抜粋)

Read More