Skip to main content

调查记录X文件号DI55 X-FILE 663758/安穏な一家を襲った突然の悲劇

出典:NHKニュース 2019年9月23日未明、茨城県境町の住宅で会社員で48歳の小林光則さんと50歳で妻のパート従業員が何者かに殺害された。同居する子ども2人も重軽傷を負った。幸せな家族を狙った惨殺事件だ。小林光則さん方は、会社員の小林光則さんと妻の美和さん、21歳の大学生の長女、13歳の中学生の長男、11歳の小学生の次女の5人暮らしだったという。 茨城県境町の家族4人殺傷事件は23日午前0時40分ごろ、美和さんとみられる女性の“助けて”、“痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!”と5回にわたり連呼したという110番通報で事件が発覚した。警察は、“救急車を呼びますか?”と平然とした口調で問いかけるも、“いらない”と返答、この時点で美和さんは、犯人は電話中の美和さんを鋭利な刃物で首や顔に複数回にわたり執拗に刺し続けていたので、“やっぱりいる”と、返答し直したという。犯人とみられる人物に刃物で斬りつけられながら電話のやり取りを続けていたとみられるが、しかしすでにとき遅く、電話中の1分後に頚動脈からの出血により力尽き意識を失い出血性ショックにより息絶えたようだ。父親の 光則さんは心臓を突き刺され失血による即死だった。警察官や救急隊員消防が通報からおよそ15分で駆けつけたときすでに不審な人物は見当たらなかった。県警は23日、境署に捜査本部を設置した。捜査は難航しており、住宅の室内に物色されたような形跡が残っていなく、鍵が壊されたりした形跡が見当たらない。犯人の足跡、凶器など犯人の特定に結びつく痕跡は何も残されていないという。 追伸 世田谷一家殺人事件では、会社員、宮澤みきおさん(当時44歳)宅で、みきおさんと妻の泰子さん(同41歳)、長女で小学2年生のにいなちゃん(同8歳)、長男で保育園児の礼君(同6歳)が何者かに惨殺されている。父親は頭部に渾身の力を込めて刺身包丁で直撃し殺害、長男は首締め、残る母親と娘は文化包丁で顔や首に死後も執拗に何度も刺していることが明らかになっている。 2010年の刑事訴訟法の改正で時効はなくなったが、事件から20年経過した今でも容疑者の影さえ見えていない。 2000年12月30日午後11時30分頃、世田谷一家惨殺事件

Read More