Skip to main content

Forefront of new coronavirus infection, covid-19 treatment(新型コロナウイルス感染治療薬最前線)

今、分かっていることを書き残すことにした。新型コロナウイルスCOVID-19と呼ばれる病原体が本当に病気の病原体なのかは分からない。ただ、COVID-19に対するワクチンがつくられている。最初にいうと、予防効果も治療薬としても意味がない。常識レベルで考えると、まず細胞外から細胞内に入る物質は限られている。たとえば、イオンチャンネル関連蛋白質はナトリウムやカリウムなどの透過に関わり細胞内の浸透圧を調節している。ATPなどのエネルギー源となる低分子も特定の膜タンパク質が膜透過に関係している。基本的に外部から細胞内に異物は入らない。ウイルスも細胞膜タンパク質のプロテアーゼを利用して侵入しているが詳しいメカニズムは不明のままとなっている。米国のメッセンジャーRNAワクチンというのは、高分子ミセルを利用しているが、これは試験管のなかで過去の基礎的な研究からみられる現象となっている。つまり、現象論的な現象であり細胞侵入の詳しいメカニズムは分からない。試験管内で細胞内に物質を挿入するために、電極を利用したり、薬物を利用したりするようだ。しかし、性体内で高分子ミセルを投与して細胞内にどの程度侵入うするのか誰も知らない。米国がこのような緊急投与するというのは、相当ヤバい状態だとう認識だと思う。ヤバイというのは致死率の問題ではなく、将来において不覚的要素が多すぎるという意味だ。その中心的な問題は突然変異を繰り返して悪性化する性質、アレルギー反応で炎症が全身性に及び人間の寿命を短くするのと、発癌や動脈硬化症が多発する。それもかなり近い将来において確実に起こる。それが欧米が危惧するあらゆる可能性のある物質の緊急投与という事態であり、それは公表していない。能天気なのは日本をはじめ、発展途上国であり、何も考える能力がなくなっている。大脳新皮質に障害が起こっているのかもしれない。あと中国とロシアは別の路線で対応している。ロシアは、アデノウイルスベクターを利用している。こちらも生体内での投与ははじめてとなる。標的細胞は粘膜上皮細胞だけでなく全身に及ぶ。それを筋肉細胞に投与、注射、注入する意味が分からない。単なるパフォーマンスに過ぎないのだろう。アデノウイルスベクターの問題なのは、たとえば脳神経、心筋など重要な臓器に炎症が起こると致死的な障害が起こる。中国は生ワクチンを使っている。それは動物の培養細胞で何世代か培養して弱毒化していると考えられる。しかい、それが人体に弱毒化しているか否か誰もしらない。どの国家も当てずっぽうで運が良ければ抗体ができるという話で緊急投与している。日本はもっと最悪な思考パターンと行動パターンであり、大腸菌をつかってスパイクタンパク質を培養する、皮下注射でワクチンを打つなどと意味不明なことを日本の科学者が報じているが小学生以下の知恵しかないとしかいいようがない。今後の展開だが、ワクチンプロジェクトはすべて失敗したのは明らかであり、感染者はワクチンの投与と無関係に増減を繰り返している。突然変異など関係がない。そこで病原体が、実はHIV型の慢性感染症でヘルペスウイルスのように潜伏性であるという話を公に報じされない。だから、この場をかりて事実をいう。後遺症ではなく慢性型の感染症だ。病原体が何かは実は不明で、おそらく神経系統や生殖系統に潜伏している。コロナウイスル感染は政府レベルで規制されているので何も言えない。しかし、中国の感染状況もロシアの感染状況も不明で、アメリカだけ数十万人から数万人規模で毎日新規の感染者が発生するのは異常だと気づいている。それに気づかないのがそもそも異常で、日本の感染者が急速に低下するのは感染者がいなくなったとか、集団免疫ができたとかいうたわけた話ではなく、単に病院が保健所に通報する暇がないという意味になる。また保健所も最初は一生懸命対応していがた、最近になりワクチン接種の数を数えるので忙しいので感染者は無視している。それが、日本の緊急事態宣言発令という意味になる。その時代の総理大臣が菅と呼ばれる人物で阿部と名乗る人物の後継者になる。それが今年、辞退すると明言している。その上、日本の皇族らはどこにも外出していない。隠れている。この感染症が何なのか分からないが、世界各地でモノリスの肖像が置かれていたり日本の上空を意味不明な白い物体がみられる状態が継続的につづいている。当然、海外旅行など渡航禁止で、ハワイもガァム島もどこにも行ける訳がない。海外旅行するのにPCR検査が必要になり、行きと帰りの両方で2週間の待期期間で滞在する必要があり観光旅行どころじゃない。もしPCRで陽性反応がでたら帰国できない。PCR検査も何の根拠もない検査であり、こちらで陽性になると、いつ陰性になるのか絶対的な法則はない。死ぬまで無症状で陽性のままの可能性もあるかだら。コロナウイスルは元来、もともと人体の中に寄生している物体の可能性がある。米国をはじめ、どの国もそれすら無視して思考しない状況にある。人間はたいはんあが愚か者だとしかいいようがない。HIVは性感染症だが感染率は低い。また一度感染すると潜伏期間は数年以上とながくその間は無症状で完治はない。その点で今回の感染症は類似している。HIVは何種類か治療薬があり、その中でレトロウイルスが細胞外に放出されるのを防ぐプロテアーゼ阻害薬がある。そのようなプロテアーゼ阻害薬の分子構造を記す。これを動植物の主食の米や小麦に混入すれば、コロナウイスルの根絶は不可能ではないと考えられる。ぜひ参考にしてほしい。 本文 I decided to write down what I know now.It is unknown whether the pathogen called the new coronavirus COVID-19 is really the pathogen of the disease. However, a vaccine against COVID-19 has been made.First of all, it has no meaning as a preventive effect or a therapeutic drug.At the common sense level, the […]

Read More